SDS:スーパーディーリングスクール 【機関投資家の投資法を学ぶ】

SDS:スーパーディーリングスクール 【機関投資家の投資法を学ぶ】

 

 

たった1%のFX常勝トレーダーになる確実な方法とは?

 

 

それは、彼らプロの投資法を学んで身につける事です。

 

 

あなたを含めてアマチュアの投資家は、知らない間にプロのカモになっています。
プロはアマチュアを狙って仕掛けてくるのです。

 

 

それなら、プロが何を考え、どういう手法を使って仕掛けるのかを知らずにFXを行うのは、すごく無謀なことだと思いませんか?

 

 

為替相場のメインプレーヤーはプロの投資家です。彼らの「手の内」を知らずに勝ち組になれると思うのは、あまりにも「虫の良い考え」です。

 

 

FXの常勝トレーダーになりたければ、まずはメインプレーヤーの「手の内」を知り尽くし、そして、同じ事を行なうのが得策です。
というより、それしかないでしょう。

 

 

機関投資家として投資歴34年の宮ア正氏が指導する

 

 

SDS(Super Dealing School:スーパーディーリングスクール)

 

 

では、プロ常勝トレーダーの「手の内」を詳細に学ぶことができます。SDSで知る事になる投資法は、ネット上に見られる多くの「テクニカル一辺倒の投資法」とは根本的に異なります。

 

 

「ファンダメンタルズを考え、テクニカルで確認する」

 

 

そういった投資法です。

 

 

SDSの詳細はこちらをクリック

 

 

FXで一般的にプロトレーダーと思われている人は、大きく2種類に分けられます。

 

 

 

A.個人投資家ながら、食えるくらい稼げるようになった人

 

B.人や会社のお金を運用して利益を出す、機関投資家

 

 

 

上記の「プロ」「常勝トレーダー」とは、基本的にBの機関投資家のことです。

 

 

機関投資家の投資法は、何十年という長期にわたって稼ぎ続けられる手法です。
それに対して、いま稼げているAの個人投資家の手法が、今後10年とか20年も通用するのかどうかはよくわかりません。

 

 

そして、さらに重要な点は、為替相場のメインプレーヤーはBの機関投資家であって、Aの個人投資家ではない、という厳然たる事実です。

 

 

つまり、Bの機関投資家の「手の内」を知らない事には、「正真正銘の勝ち組」にはなれない、ということなのです。
意外なほど多くの個人投資家が、この当たりまえの事実に気づいていません。

 

 

これには、ある程度やむをえない事情もあります。

 

 

それは、機関投資家の投資法を個人投資家がきちんと学ぶ機会がほとんど無い、ということです。
現役の機関投資家は、通常、個人投資家を指導することができないからです。

 

 

宮ア正氏は投資歴34年のプロですが、今現在自由な立場になったので、プロの投資法を伝授するSDSを作ることができたわけです。

 

 

プロの思考を知り、プロと同じタイミングで売買できれば、プロのカモになることはありません。

 

 

カモにされる身から、カモにする側へまわる。
そのためのFX投資教材が、

 

 

SDS(Super Dealing School:スーパーディーリングスクール)

 

 

です。

 

 

SDSの詳細はこちらをクリック

 

 

 

宮ア正氏のFX投資法教材「SDS(Super Dealing School:スーパーディーリングスクール)」の特徴を紹介しています。「SDS」では、本物のプロ(機関投資家)のファンダメンタルズを重視した投資法を学べます。プロと同じタイミングで売買できれば、カモにはなりません。

 

 

投資関連リンク